イメージ画像

青汁とグリーンスムージーの違い

青汁と聞くとどうしても飲みにくい印象があるかもしれません。 そこで、飲み物での健康を目指している方の中には青汁ではなくグリーンスムージーを選択している方も多いですよね。

そもそもグリーンスムージーとは何なのかというと、これは野菜類だけでなく、フルーツなども組み合わせてジューサーやブレンダーで混ぜ合わせた飲み物のこと。 野菜や果物の持つ栄養素をたくさん摂取できるということで人気があります。

カフェなどでも取り入れているところが増えてきているので、実際に飲んだことがあるという方も多いかもしれませんね。 ただ、青汁との違いはよくわからないという方もいるようです。

まず、どういった方からそれぞれの飲み物が選ばれているのかというと、健康維持を意識している方からは青汁が選ばれることが多く、美容やダイエットを意識している方からはグリーンスムージーが選ばれることが多いといえるでしょう。

青汁を選んでいる方の多くは、食事のみでは偏りがちな栄養素を補うために青汁を飲みますよね。

それに比べて、グリーンスムージーは断食ダイエットなどで取り入れられることが多いです。 通常の食事をするのに比べると摂取カロリーが抑えられるため、グリーンスムージーでお腹を満たすことにより、食べ過ぎを防げます。

飲みやすさの点から言えばグリーンスムージーの方が魅力的なのですが、青汁の方が優れていることも多いです。

例えば、青汁は基本的に野菜のみを原材料としているのに対し、グリーンスムージーは原材料のうち半分ほどが果物であるということ。

どうしても野菜類の方が栄養素が豊富であるため、栄養素を重視するのであれば青汁ということになります。

また、野菜の持っているカロリーと果物のカロリーを比較すると、野菜の方が断然少ないため、カロリーを重視する方にも青汁が向いているといえるでしょう。

それぞれの違いを理解しながら自分に合っているのはどちらなのかを考えてみると良いですね。

このページの先頭へ